古きよき時代の喫茶店「蘭豆」




久しぶりに「蘭豆」へと寄ってみました。


b0055202_21144380.jpg



昔は富士市にもこのテの喫茶店はあちこちあったんですけどね。

今はもうあと1軒くらいしか残ってないかな。








入口にあった日替わり系メニュー2種。


b0055202_21151917.jpg





店内も昔から変わらずとても渋いですねー。


b0055202_21162641.jpg





ランチメニューはこちら。


b0055202_21164995.jpg




今までは和風ハンバーグ4割、パワーポークカレー3割、日替わり弁当が2割、そしてビジネスランチが1割くらいの感じで注文していました。




でも今日は違います。

実はもうかなり前から「ピラフが食べたくて食べたくて仕方ない症候群」に陥ってたんです。

昔は喫茶店によく行っていたので食べる機会も多かったピラフ。

喫茶店と縁が薄くなると同時にピラフとも疎遠になっていました。



ピラフの怖いところは、お店によって「冷食ピラフ」に軽く手を加えて出てくる可能性があることです。

冷食ピラフも美味しいんですが、なんかお店で食べるのは切ないですからね。


神奈川県は二宮町の今は無き喫茶店、「樹里」の絶品ピラフが懐かしい・・・・・。




さっ、蘭豆のピラフはどうなんでしょう?


たぶん手作りだろうと思いながらも、「ハンバーグも旨いんだよなぁ」などと並行後悔しながら注文しましたw


そして運ばれてきた蘭豆のピラフはこちらです。


b0055202_21194617.jpg



さすが蘭豆、完璧に手作りでした。

色合いもいい感じです。




具は玉子に海老、マッシュルーム、ベーコン、そして玉ねぎってとこかな。


b0055202_21201239.jpg





本来なら苦手系の玉ねぎなんですが、とてもいいアクセントになっていてアリな玉ねぎでした。


b0055202_21203981.jpg




期待を裏切らないピラフだったので、ほっと一息裕子ですw


あっ、もちろんスープ(玉子)も付いています。


b0055202_21212929.jpg





これに選べるドリンクが付きます。

ホットコーヒーをチョイスしました。


b0055202_21214847.jpg



少し酸味が強いコーヒーも、なんだか郷愁をそそりました。






たまにはピラフもいいですねー。

大盛りで食べたかったです。

大盛りバージョンはあるのかなー?



また食べたいけど・・・・・次回は60円増しでいただける「和風ハンバーグ」を押しのけることが出来るのかどうかw




昔ながらの喫茶店、蘭豆。

いつまでも頑張ってほしいものです。










◆蘭豆
◆富士市石坂438−5
◆0545-21-0151
◆8:00~23:00、ランチタイム 11:00~14:00
◆年中無休




満足度:○○○○●




◆掲載した店舗情報については訪問時のものであり、事実と異なることがあります。その内容を
  保証するものではありません。
  また、メニューや価格、営業時間等の変更や休業、廃業等の情報変更に対応しておりません。
  内容はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください。

[PR]

by zl750sp | 2011-06-01 13:40 | その他 洋食系

<< レイニーナイトはジョギングを 「Team Eliminal」... >>