春爛漫、桜満開、風強し




人間にとって、嘘みたいに世紀末的な事が起きても季節はいつものように移り変わり、そして春は何事もなかったようにやってきます。

自然ってとても怖くて、そしてとても美しいです。



家の近所、潤井川の桜スポットも満開を迎えました。



クリックスルデカイ
b0055202_026286.jpg









風がめっちゃ強くて花びらが舞い散っていました。

花吹雪・・・・・・・・見たいけど早く散るのはもったない。

なんだか矛盾してますよね。

いつでも花吹雪が見れたらいいんだけど、そうはいかない、そこが桜の魅力ですかね。










今日は「風」の「ささやかなこの人生」にしてみますか。

この歌も春になるといつの間にか口ずさんでることがあります。







「花びらが散ったあとの 桜がとても冷たくされるように」


風の歌には心動かされて、けっこう歌ったなー。

またギター弾きたい気持ち満々です。

誰か興味持ってくんないかなーw







富士山にかかる雲がどくのを待つ、たくさんの写真愛好家達がスタンバイしていました。


b0055202_0343531.jpg



ちょっぴり箱庭風ですよね?
(疑似ミニチュア写真)





東北でも桜が被災者達の心を癒してくれますように。


b0055202_0364530.jpg

[PR]

by zl750sp | 2011-04-16 00:52 | 風景

<< 軽めのランチは「はなまるうどん」で 旨いのは間違いないけど、何だか... >>