初めての「麺処 田ぶし 富士店」




最近、食欲っていうか、「△◆□◎を食べたい」って欲求がなくなっています。

実際、食べてみると好みのものだったらそれなりに満足はするんですけどねー。

そんな中、そろそろ飯にでもするか、と思った時に前方に見えたお店が、「田ぶし 富士店」でした。

もう開店して半年くらい経つのかな。

昔ながらの普通に食べ慣れたラーメンが好きなおいらにはあまり縁がない系統のお店ですが、人気があるのは知っていたので初めて寄ってみることにしました。


b0055202_049545.jpg








14時近かったのでガラガラの店内でした。



まずはやっぱり「本家 田ぶしラーメン」からですかね。


b0055202_050359.jpg





入ってすぐにある券売機で「本家田ぶしラーメン700円」を購入し、カウンターに座って食券を渡すと、


「麺は大盛りサービスになっていますがどうしますか?」

と、聞かれました。



おいら、ラーメンは麺よりスープが好きなので、普通のままでお願いしました。

定食類のライスなら間違いなく大盛りにしてもらったかと思いますけど。



で、運ばれてきたラーメンからは魚介の香りがこれでもかと漂ってきましたですのよ。


b0055202_0505717.jpg



焦げ茶色した油膜は、鰹とかをラードで加熱した魚介香味油とのことらしいです。


その下には白い豚骨スープが隠れていました。


見た目よりもあっさりとした味わいは、濃厚ながらも豚骨の主張も抑えめで、魚臭さもない絶妙なブレンドでした。

それでいて味に深みもあるし、コクもありましたから。


b0055202_0512110.jpg



普通のラーメンしか食わないおいらにとっては初めてに近いインパクトのあるスープです。

「あびすけ」以来ですかね、魚介ダシって。






穂先メンマってやつも初めて食べました。
味はわからなかったけれど、食感を楽しめるメンマですね。


味玉(半)もチャーシューも普通に美味しかったです。






ただ・・・・・・・・・・・・



麺がね、麺が好みではありませんでした。

自家製麺とのことなので、これは単純に好みの問題かと思います。




食べ終わってみて正直言うと、和風魚介系豚骨スープ?は、「ラーメン鎖国状態」のおいらには文明開花をもたらしてくれたけど・・・・・・・・・・




やっぱりおいらには、食べ慣れた普通のラーメンがお似合いなのかもしれません。

醤油や味噌も食べてみたいけど、麺がなー。




でも不思議なことに、700円という価格はまったく高く感じませんでした。

凄く完成度の高いラーメンじゃないかと思うわけです、好みとは関係なくても。




ラーメンってホント、不思議な食いもんですねー。




ちなみに、食べ終わった頃は14時過ぎてたけど、次から次へとお客さんが来ていました。
やっぱ人気店なんですねー。






◆麺処 田ぶし 富士店
◆富士市青葉町575
◆0545-32-7500
◆11:00~23:00 スープがなくなり次第終了
◆年中無休(12月30日~1月1日のみ休業)




満足度:○○○○●
[PR]

by zl750sp | 2010-06-16 13:47 | ラーメン・チャーハン系

<< 一ヶ月振りの「中国四川料理 キ... いつもの富士川ジョグ >>