レアな八十八夜




八十八夜から早、半月が過ぎました。

新緑が眩しい鮮やかな季節になりましたね。








なんだか季節の挨拶みたくなりましたがw


以前、パソコンが壊れてしまい、コツコツと収集していたYouTubeからのダウンロード映像が消失してしまったので、時間がある時に少しずつ検索かけては落としています。



そんな中、「NSP」をチェックしてた時のこと。

「NSP」の楽曲の中でも好みの上位に入る曲、「八十八夜」



なんだかレアな映像を見つけました。

「夜のヒットスタジオ」でしたっけ?

約1名、ツッコミを入れたくなる人がいますが、そっとしときましょうwww

このバカチンがぁ~。




で、「NSP」がテレビに、しかもこの番組に出演してたとはびっくりです。

パンタロンスーツ?

いかにも70年代ですねぇw




でも歌は名曲です。


まさに「叙情派フォーク」の代表格ですね。




ちなみに・・・・・・・・



2002年に復活し、2004年のライブ映像はこちら





なんだか天野さんが痛々しいです。


病と闘っていたんですよね、この頃。


翌年の2005年7月1日


天野さんは天に召されました。


未だにおいらの心の中では天野さんは歌ってるし、生きています。




やっぱ、中古でいいけどギターが欲しいな。


今持ってるやつはもうネックが反りすぎて、いくら調整しても戻らないし、YAMAHAのけっこう高めのやつだったけどイマイチ弾きにくかったからなー。


タイヤとホイールは10回払いくらいにしてギター見にいっちゃおうかなー。





でも自転車も・・・・・・・・・





コマッター
[PR]

by zl750sp | 2010-05-19 00:08 | 音楽

<< 味噌ラーメンといったら 「屋台... 「ふらいぱん」のメンチカツ >>