たぶん、初めての「ラーメンせんか」




子連れライダ~さんとこにアンティゴを引き取りにいったんですが、ちょうどランチタイムを迎える時間だったので一緒にお昼することにしました。


チョイスしたお店は子連れさんのオススメ、「ラーメンせんか」です。


b0055202_21365024.jpg













このお店、ずいぶん昔からあるのですが、あんまり営業してるのをみたことなかったり、

なんでも宝くじを当てたから営業しなくなったとか、いろいろ噂が飛び交うお店だったのです。



子連れさんによると、現在は「土日のみの営業」という玄関口のヒジョーに狭いお店のようです。



12:30くらいにお店に到着したんですが、なぜか暖簾はしまったまま営業していました。


なのに不思議と店内は満員で、外でしばらく待つ状況です。


人気店なんですねー。


一組出てきたので入店しました。



店内はカウンターのみで、16席前後かと思います。


b0055202_21425115.jpg





メニューはこちらです。


b0055202_21431529.jpg




たぶん、めっちゃ古いんですよね、このメニュー。

「特製高級麺」とか「高級スープ」、「舌代」とか、かなり古~い昭和のカホリがします。



しょうゆラーメンと中華ラーメン、そして土日しか営業していないお店の手打ちラーメンとの違いとか
気になったけれど、子連れさんのオススメの「みそラーメン」を注文しました。



あと、こちらもオススメの餃子と、餃子を注文したらご飯ってことで小ライスも注文しました。




厨房を見ていたら味噌ラーメンの調理方法がおいらには珍しかったです。




まず、油を引いた中華鍋に大量のモヤシを投入し、麺を茹でてる寸胴からオタマで少々、そして醤油ラーメン用?の寸胴からオタマで少々、あと、味噌ダレを投入してから出来上がったスープを丼に入れて、茹で上がった麺を入れてから最後に残ったモヤシを乗っけてました。



そして出来上がったみそラーメンはこちらです。


b0055202_21592334.jpg





具的にはかなーりシンプルです。


モヤシとネギ、そしてわずかな豚肉ですから。




スープは不思議と複雑な深みもありながらも昔ながらの「味噌ラーメン」って感じでした。


b0055202_2221451.jpg




麺は好みが分かれそうです。


b0055202_2224646.jpg



太麺なんですが、口当たりはめっちゃ つるつる です。

でも、コシがないっていうか、かなーりやわらかい麺でした。


子連れさんによると、その日によって茹で具合はバラつきがあるみたいです。





餃子はこちらです。


b0055202_225373.jpg




めっちゃ大雑把な盛り付けが逆に味の自信を感じさせます。


具は少なめでしたけど、野菜の旨味やニンニクの風味を楽しめる美味しい自家製餃子でした。


b0055202_2281397.jpg





そして、写真に撮らなかったけど、餃子用に注文した小ライス・・・・・・・・



丼で出てきました。


小じゃないですよね、丼ご飯ですから。



めちゃお腹一杯になりました。



次回は「つけラーメン」を食べてみたいです。







沼津市上香貫三園町1381-3
055-952-3900
11:30~14:00/17:00~20:00
土・日のみ営業
ラーメンせんか



満足度:○○○○●
[PR]

by zl750sp | 2009-03-01 12:30 | ラーメン・チャーハン系

<< 今日は沈没しないのか!? 車の引き取り >>