移転後は初めての「中華 鵬龍」


今日は移転前は数回行ったことがある「中華 鵬龍」に移転後初めて寄ってみました。



b0055202_031272.jpg





本日のサービスランチはこちらです。


b0055202_0321218.jpg




3種類あるのは以前と変わってないようでした。




値段的にも料理的にも惹かれたのはAの「ぶた肉とポテトの炒め」800円です。



かざま鋭二「ひかりの空」の第一巻を読みながら料理を待ちます。





物語に引き込まれ始めた頃、料理が運ばれてきました。




クリックスルデカイ
b0055202_037582.jpg





うまそーっ!




ゴマドレのかかった野菜に煮豚?のスライスが乗ったサラダが付いていました。


b0055202_039175.jpg





ほどよく漬かったキュウリも旨かったです。


b0055202_0394487.jpg






そして、「ぶた肉とポテトの炒め」です。



クリックスルデカイ
b0055202_040345.jpg





豚肉とじゃがいもをメインに、タケノコやキクラゲ、キャベツ、玉ねぎ、ニラなども入っていました。



味付けはチンジャオロースと似てたかもです。



炒めたじゃがいもって、ホクホクで旨いですねー。



それぞれの素材を楽しむための食感を残しつつも、きっちりと炒められた野菜の仕上がりは抜群でした。



「ひかりの空」の続きも読みたいし、またいつか行きたいお店です。





【中華 鵬龍】
富士市永田町2丁目39-3
0545-53-3603
11:30~14:30、17:00~21:00
火曜日・第一月曜日夜 定休
中華 鵬龍



満足度:○○○○●
[PR]

by zl750sp | 2008-06-12 13:00 | その他 中華系

<< チャーハン気分で「保志奈食堂」へ 霧雨RUN >>