玉子もおいらにとっては適材適所? 「たぬき」


今日もランチタイムを逃してしまい、ランチタイム関係なくサクッと食べれる「たぬき」に寄りました。



券売機のメニューです。



クリックスルデカイ
b0055202_234503.jpg





他にもいくつかメニューがあります。


b0055202_2353052.jpg




早く誰かと食べたいあのメニューはいつになったら食べれるのだろう?




だからといって冒険はせず、「ネギトロ丼」650円を注文しました。


そういえば、たねきのネギトロ丼は初めて食べます。


こんなネギトロ丼でした。


b0055202_236931.jpg






はぅ・・・・・・・



玉子の黄身が乗ってるじゃあーりませんか。



しかも、なかなかいい玉子が。





クリックスルデカイ
b0055202_237335.jpg





自称、玉子王子のおいら・・・・・・





本来なら「そりゃーもう大喜びさっ」のはずなんですが、ネギトロに玉子はいけません。


うずらの玉子でもいけません。


選べるようにしてほしかった・・・・・


どうも、ネギトロに生玉子は受け付けないのです。






※たまに見かける、生玉子を受け付けない料理

 カレーライス
 納豆
 吉野家の豚丼
 オロナミンC ← いつの時代だよっ!


※むしろ生玉子を使いたい料理

 天ぷらそば・うどん
 すき焼き
 吉野家の牛丼
 グラスに10個 ← ロッキーかよっ!
 (ごめんなさい、おらには出来ません)






すんまそん、話がそれてしまいました。



まあでも、食べれないことはありません。


取りあえず、えいしゃらぁ~と黄身を崩してみました。


b0055202_23918.jpg



普段よりワサビ醤油を多めにかけました。



b0055202_2393355.jpg



う~む・・・・・・


マズイわけじゃありません。

黄身のおかげでまろやかになりますし。


でも黄身って、けっこう主張するんですよね。


せっかくのネギトロの風味が消えてしまいます。



「玉子かけネギトロ丼」という、別の料理としては成り立つと思いますけどね。


やっぱりおいらには玉子はいりません。


マグロとネギとワサビのアンサンブルを楽しみたいです。


b0055202_0282691.jpg









ネギトロ丼は音楽で例えていうならば、サイモン&ガーファンクルのハーモニーのようなもの。


ワサビはアコースティックギターってところでしょうか。


S&Gの数ある名曲の中でも大好きな「The Boxer」




玉子はその完成されたS&Gにデヴィッド・ボウイが参加するようなものです。




才能あるし大物なのでそれはそれで素晴らしいバンドにはなると思うけど、別物になっちゃいます。


ボウイの数ある名曲の中でも大好きな「China Girl」



次回、ここでネギトロを食べるんだったら「おばちゃん、ギョク抜きで!」と注文しなきゃ。


にしても、ボリュームありすぎ。


ネギトロ丼で苦しいほど食べれるのは贅沢ですけどね。



しかし、ネギトロ食べただけで、デヴィッド・ボウイまで発展するとは思わなかった(笑)





【たぬき】
沼津市西沢田281-2
11:00~23:00(22:30オーダーストップ)
他、詳細不明
たぬき



満足度:○○○○●
[PR]

by zl750sp | 2008-04-21 14:10 | 魚系

<< やっぱり凄いぜ、「レストラン ... サハラマラソンと4.5kmと >>