中国餃子の「紫禁城」


今日は事務所で書類作ったりしていたら、あっという間にお昼に。

なので近所で食事を取ることにしました。

でも、新静岡の駅の周辺は食事処がありそうでないんですよね。

そんなわけで今回訪問したお店は「紫禁城」さんです。


b0055202_02077.jpg



2006年10月3日以来の2度目になります。


このお店では餃子や小龍包を中心に本格的な北京料理を気軽に楽しむことができます。

ランチはベースが餃子の750円ランチと、小龍包ベースの850円の2種類です。


b0055202_0221517.jpg



そしてどちらか選んだら、ご飯系の「揚げ団子」「香酥鶏」「酢豚」中から、

あるいは、麺系の「メイサイ麺」 「チャチャン麺」の中からから選びます。



以前は餃子を頂いたので、今日は小龍包にしました。

そして揚げ団子をチョイスしました。



うぅ・・・・・・850円


またエンゲル係数が・・・・・・





しばらくして運ばれてきたのはこちらです。


b0055202_0414784.jpg



揚げ団子にスープとサラダに小ライス、そして杏仁豆腐です。


写真では地味な印象を受けますが、この揚げ団子はタダモノではなかったです。


b0055202_0433959.jpg




以前、数年にわたって「年に一回本格的な肉団子を食べる機会」があり、「日本の肉団子とは味付けやコネ具合がビミョーに違う別モンなんだなぁ」と思ったことがありましたが、その肉団子を久々に思い出しました。
(食感と味付けが)


b0055202_0522960.jpg



外はカリッカリに揚がっていますが、中身は超ジューシー。

「実はゼラチンを仕込んでますのよ~オホホホホホ」的な肉汁ではなく、

とっても自然で上質な肉汁を堪能できます。


アッツアツなので、猫舌な人には絶対無理ですが、もしこの団子をそのままお口の中に放り込むことができたら・・・・・・・


もうね、まさに肉団子爆弾が破裂しますです、はい。

想像しただけで火傷しそうだけど、反面、至高の肉汁感もじゅわわわわぁ~っと。

良質なメンチカツの団子バージョンと想像していただければ・・・・・・・

花椒(ホアジャオ)のみ用意しているのも自信の表れかと。




揚げた肉団子って、あんまり食べた記憶がないけれど、普通に考えたら、中華あんをまとったほうが見た目的にも旨そうだし、食も進むし・・・・・・
そもそも揚げる理由は?????


っと考えてみたら・・・・・・


やっぱり肉汁を閉じ込めるためじゃないかと。

もしくは肉のジューシーさを強調するため?


ってことは、やっぱり自信があるんですよね、団子自体に。


小粒な肉団子だけれど侮れない一品でした。



そしてこのスープがまた上品で奥深くて美味しいのです。


b0055202_1145552.jpg


*スープは週替わりのようです。





んで、半分くらい食べ進んだ頃、蒸しあがった小龍包が運ばれてきました。


b0055202_116019.jpg




もうね、この写真だけで、「なんか隠し持ってやがんなーこんちくしょーっ!」って雰囲気ありますよね?




レンゲに乗せて皮をやぶってみました。


b0055202_1164079.jpg



上手く撮れなかったですけど、これまた肉汁じゅるっ系です。

そのままお口に入れたい衝動に駆られますが、間違いなく「口内炎上」になるでしょう。


もちっとした皮に包まれた肉汁を含んだ肉あんがたまらんとです。

はふはふしながら食べました。




今日は・・・・・・


見事に肉汁系にやられましたです。



そしてそのお口直しには自家製の「杏仁豆腐」が見事に〆てくれます。


b0055202_1251953.jpg



よくある食べ放題系のお店に置いてある、つるっとした感じの杏仁豆腐ではなくて、上質なプレーンヨーグルトのような食感です。

こんなデザートならもっと食べたい気分でした。






量的にはちょうどいい腹八分ってとこでしょうか。
*ご飯は無料でおかわりできると思います。




なんだろ・・・・・・

なんかね、久し振りに「料理を楽しんだ」って感じを受けました。




食後の感想は・・・・・

◆旨い
◆本格的
◆楽しめる
◆850円? かまへん、かまへん

でした。



昼時は主婦層が大半ってのがこのお店の実力でしょうね。




b0055202_2365257.jpg





紫禁城(シキンジョウ)
静岡市葵区鷹匠3-21-20
054-274-2727
11:30~13:30 、17:30~22:00
※土日祝は17:00~22:00
水曜日定休
紫禁城



満足度:○○○○○
[PR]

by zl750sp | 2007-05-22 12:20 | その他 中華系

<< 初めての「レストラン Aoki」 3度目の「松楽」 >>