生しらすが食べたくて「しらすの八幡」へ



富士山が世界遺産に登録されてから、富士山絡みのテレビ番組が増えました。

富士市だと、やはり生しらすの紹介が多いですね。

見てると食べたくなるのも仕方ないところ。

なので、田子の浦漁協に向かいました。

途中、HPをチェックしてみたら、「本日(7/21)は休漁の為、生しらす丼はお休みで、釜揚げ丼・赤富士丼・田子っこ冷汁のみとなります」とのこと。

そか、今日は日曜日だもんね。

冷凍は扱ってないんだなー。

赤富士丼も食べてみたいけど、やはり脳内モードは生しらす。

ならば近くの「網元直送しらすの八幡」でしょう。


b0055202_22462484.jpg









店先のメニュー。


b0055202_22472327.jpg



生と釜揚げの2種類のみ。

しらすやきそばは無くなったんだ。

清いですね。





もちろん、「生しらす定食」600円を注文し、カウンターに座りました。

目の前には「食べ方極意」が。


b0055202_22475697.jpg






横には戦場カメラマンの渡部さんの色紙も。


b0055202_22482285.jpg






お茶や刻み海苔はセルフです。


b0055202_2249287.jpg






そして運ばれてきました!


b0055202_22494028.jpg






店内解凍だと思うけど、とても新鮮なしらすです。


b0055202_22501415.jpg



ボリュームもばっちり。





釜揚げしらすもたっぷりと添えられていました。


b0055202_2250555.jpg






こちらはしらすの佃煮と薬味等。


b0055202_22513462.jpg






まずは極意其の一、素材を吟味します。


b0055202_2252833.jpg





うまーっ
めっちゃうまーっ!




口の中でとろけます。

釜揚げしらすも吟味しましたが、塩分控えめで旨かったです。





続いて極意其の二、ご飯に刻み海苔をまぶし、生しらすと薬味を乗せて、醤油を回しがけし、豪快にいただきます。


b0055202_2254046.jpg






これもたまらん!


b0055202_22543875.jpg



ねっとり感が伝わりますよね。





そしてラストの極意其の三、半分ほどいただいたら、再び刻み海苔を投入し、釜揚げしらすと薬味、佃煮を乗せてお茶漬けに。


b0055202_22551416.jpg



今回は冷たいお茶でした。

少しだけ醤油を垂らし、かき混ぜてサラサラといただきました。

〆には持って来いの食べ方ですね。



内容だけでも安いのに、600円でこれだけ楽しめるのはありがたいです。

観光地でなくて良かった。








食べ歩き

◆網元直送 しらすの八幡
◆富士市鮫島465
◆0545-64-5131
◆11:00~14:00 *販売店は8:00〜18:00
◆水曜定休



満足度:〇〇〇〇〇

◆掲載した店舗情報については訪問時のものであり、事実と異なることがあります。その内容を
  保証するものではありません
  また、メニューや価格、営業時間等の変更や休業、廃業等の情報変更に対応しておりません
  内容はあくまでも参考とし、個人の判断の上でご活用ください

[PR]

by zl750sp | 2013-07-21 13:30 | 魚系

<< マンちゃん小劇場 金曜日100円ギョーザの「天地人」 >>