購入した文庫本の紹介



4年くらい前かな?

好きな作家しか読んでなかった自分が、本のタイトルとあらすじだけで、今まで読んだことない作家の中から選んで購入し始めたのは。

もちろん、ブックオフの105円コーナーからですけどw

その選択方法は大正解でした。

とても好きな作家は5人くらい、気になる作家は10人以上できましたから。




ただ、とっくに本棚はいっぱいいっぱいだったので、部屋に平積みにしてたんですが、さすがに100冊を超えると邪魔くさくて、100均の収納袋を購入して一部だけ整理しました。



取りあえず、東日本大震災が起きてから読み漁った震災・原発系と、後味が優しい恋愛・青春系、そしてミステリー系をまとめました。



b0055202_22491220.jpg




震災・原発・災害系でいったら、高嶋哲夫の右に出る人はいないかと思います。

他にもここに入れてない震災系のやつがあるけど、足元にも及ばないですから。

真保裕一はそこそこだとは思います。




恋愛系でいったら、市川拓司でしょう。

あそこまでファンタジックに書ける作家は知りません。

比較にできる作家がいないくらい。

あっ、個人的な感覚ですからね、あしからず。

ただ、なぜ望むハッピーエンドじゃないんだよ!ってことが唯一の不満かなw

まっ、それも狙いなんでしょうね。

関口尚や伊吹有喜も大好きです。

恩田陸の夜のピクニックもいいね。




そして、ミステリー系。

やっぱり東野圭吾は安心して読めますね。

どれを読んでも間違いない感じ。

辻村深月は面白いけど、ちょっと好みではなかったかも。

現実感が薄い小説は苦手なんだ。




あと、まだこの倍はあるんだよなー。

また100均行って収納袋を買ってくるか。
[PR]

by zl750sp | 2013-07-06 23:10 | 読書

<< 超良心的!やっぱり大好き!「絣家」 「すき家」の鮭朝食 >>