「乾くるみ」 イニシエーション・ラブ


久し振りに小説の紹介をしたいと思います。


【作品】 イニシエーション・ラブ / 乾くるみ / 2004年発行

【購入動機】 あらすじに、「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する
         必ず二回読みたくなる。」
とあったことから。


b0055202_21521170.jpg



表紙絵や作家名から女性っぽさが感じられますが、男性作家です。

自分は初めて読む作家でした。


【紹介理由】 ラスト二行目のトリックに見事に騙されたこと。そして、めっちゃローカル小説だったこと。







最後の二行で違う物語になる?

たった二行で?

これは気になります。






作品は、1986年~1987年頃を舞台に展開されていました。

基本的には、たっくんとマユの恋愛小説ですが、正直言ってとてもチープなものでした。

自分も経験したことあるような、まるで普通の人の日記かよ?って思うくらいの内容が続くので、

ついつい流し読みしてしまったのは間違いだったかも。

ミスリードや伏線がありまくりだったのにスルーしちゃいましたから。




そしてそのローカル・・・・・・・・・




実は静岡でした。

いや、静岡が舞台の小説なんてたくさんあります。

でもね、この小説の違いは全てが実名だったってことなんです。



当時の静岡を知る人にとってはそれだけで、のめり込むかも。



例えば・・・・・・・・



曲金、小鹿、カネボウ通り、焼津、静波、大井川、青葉公園、丸子、安西通り、住吉町、本通り、柚木の自動車学校、静大、シャンソン化粧品テニスコート、R150沿いココス、新静岡センター、戸田書店、青葉公園近くのマック、ジョルダン、メガネスーパー、DADA、アピア、シシリア、ターミナルホテル、谷島屋書店、吉見書店、あさくま、タウンホテル魚与、伊勢丹、丸井等・・・・・・・・



ジョルダンはとっくに形態が変わったけど、シシリアとか懐かしい。

とにかく、これでもか!と、当時の静岡で物語が進みます。



そんなわけで、小説としてはどうかな?と思いながらも楽しく先を進んだんです。

最後の二行目を楽しみに・・・・・・・・










そしてその最後の二行・・・・・・・・・




やられました。

違う物語っていうか、まったく違う視点になったって感じかな。

いったいどういうことなんだ、これは・・・・・・・・・



あらすじにあったように、確かに二回読みました、読みたくなりました。

ただ、それはけっして作品に感動したのではなくて、トリックの確認のためでしたけど。




作品は、side・A とside・B から成り立っています。

時代背景を考えたら、side・A とside・B はレコードが連想されます。

A面、B面ですね。

それって、A面をかけていても、実際はB面も同時に回っているわけです。




そう・・・・・・・



同時進行。



見事に騙されました。

ネタバレサイトを見てやっと全てが理解出来ました。



この作品、かなり好き嫌いが分かれるみたいですね。

ミステリー好きには評価低いし、ミステリー慣れしてない人には楽しめたみたい。

自分もミステリーはほとんど経験ないから、その意味では楽しめました。

でも、あのラストまでの恋愛遊戯はあまりにもチープすぎる気がします。

それもラストのための布石?




読後の感じはあまりよくなかったかな。

ミステリー初心者のおいらは楽しめたし、しかも静岡ネタ満載だったんだけど。





ただ、はっきり言えることは、





主人公は254ページまで、たっくんだったんです。

たっくん目線で物語が進んでいましたし。

が・・・・・・・・・





255ページのラストのたった二行で、マユが主人公だったのだと気づきました。





怖い怖い、女は怖いw
[PR]

by zl750sp | 2013-07-03 23:22 | 読書

<< 「どんどん」の【うな重六分目】 チェーン店では「スシロー」を越... >>